家族で国内旅行を楽しもう!幼児や子供のための格安航空券はあるの?

子供料金は幼児か小児かで違う

休みで家族と楽しく旅行したいと思った時、幼児や子供と一緒に飛行機で出かける場合には何歳から航空料金が必要となるのか気になる方もいるのではないでしょうか。航空料金に関しては格安料金で旅行を出来るLCC各社を利用するのがおススメです。子供料金には幼児と小児の2種類がありますが、幼児と小児のどちらに区分されるのかという事は一般の航空会社なのか、それともLCCなのかによって違います。幼児は一般航空会社の場合、生後8日から2歳くらいまで、LCCでは生後8日から1歳くらいまでを指します。小児は一般航空会社では3歳から11歳くらいまで、LCCでは2歳から11歳頃までの事です。ちなみに、これは国内線の場合ですから国際線の場合は少し変わってきます。

国内線の子供向け格安航空券はある?

飛行機を利用する時に幼児の場合は座席を必要とするか、しないかによって料金が発生するかどうかは変わります。座席を使用しないで、親と一緒に座る場合には料金は無料です。しかし座席を確保する場合は通常LCCを利用する場合でも大人と同じ料金がかかります。小児に関してもLCCの場合は大人と同じ料金が必要です。一般航空会社を利用する時は座席を利用しなければ幼児は無料ですが、利用する場合は通常の航空料金の50%が必要で、これは小児の場合でも同じです。LCCではそもそも料金自体が安いため、子供の場合でも座席を確保するのであれば料金は同じようにかかってしまいます。もしもっとお得な料金で旅行したい場合には飛行機の料金とホテル代をまとめて支払うパッケージツアーを利用するのが良いでしょう。家族で予約する事で、ホテルと飛行機それぞれをバラバラに予約するより安い料金で利用できる場合があります。