知って安心!格安航空券で国内旅行に行く際のメリットとデメリット

安くて片道のみの購入ができるものもある

海外旅行をするとき、できるだけ安くするためにわざわざ往復チケットを購入するときもあります。たとえ片道しか使わなくても、往復で買った方が安くなるときがあります。距離が長くなると、通常では考えられない現象が起きます。国内旅行を飛行機で行うとき、さすがに往復料金が片道料金より安くなるなどのケースは少なくなります。ただ、往復で買わないと安くならないときもあり、予定が立てにくくなるときもあるでしょう。格安航空券の中でも、LCCは利便性がいいと言えるでしょう。片道利用でも安く利用できるので、必ずしも行きと帰りで同じ便を利用する必要はありません。東京から九州に行って、帰りは中国地方や近畿地方から東京に戻るなどもしやすくなります。

LCCだとサービスが有料になる

国内の格安航空券において、一般の航空会社の早割はあくまでもサービスは変わりません。当日にチケットを購入した人も、数箇月前に購入した人も同じサービスを受けられます。LCCも同様で、いつ予約をしてもサービスに代わりはありません。といってもLCCではサービスそのものがあまりありません。航空運賃はあくまでも移動のため、座席確保のためであって、通常なら当たり前に受けられるサービスはすべてオプションになっています。一般の航空会社と同様のサービスを追加すると、逆に割高になるときもあります。とはいえ国内だとそれほど追加する必要はないでしょう。帰りに荷物が多くなったときに荷物分の料金が増えるくらいはあるかもしれません。